【便利すぎ】ETCXとETCの違い!使える場所や登録方法を解説!

ETCX

2021年4月28日から、「ETCX」という名の新サービスが始まりました。

ETCソリューションズ株式会社が提供している、車に搭載しているETCを使った多目的サービスです。

ETCXホームページ

参照:ETCX


この記事では、ETCXが何に使えるのか、どこで使えるのかを特集しています。



目次

ETCXとETCとの違いは?

ETCXは、車に掲載しているETC車載器が、高速道路の料金所以外でもそのまま使えるサービスです。

この点がETCとの違いです。

ETCXを使って、いろんな場所で、車に乗ったままクレジット決済が簡単にできる。

今までは、高速道路に限定されていたので、想像すると夢が膨らみますよね。



将来的にどこで使える予定?

主に下記が想定されています。

✔ ドライブスルー
✔ ガソリンスタンド
✔ コインパーキング
✔ その他


いずれも便利すぎるのは百も承知なのです。

が、特筆すべきなのは、やはりコインパーキングではないでしょうか。


ドライブスルーは物を受け取る。

ガソリンスタンドもサービス提供時に、窓かドアを必ず開ける。

なので、その際、ついでに現金や電子マネーを含むクレジット決済をしてしまえばいいのですが…


コインパーキングは、いずれも必要ないですよね。


コインパーキング



しかも、このご時世なのに…

未だ、カードや電子マネー決済ができなかったり、一万円札が使えなかったりする施設が多い

それが解消されると想像するだけで、ワクワクします!



登録方法は?

実は、運営会社自体が、ETCとは違います

なので、別途で会員登録が必要です。

登録自体はとても簡単、しかも、1度きりで問題ありません。


お車のETC車載器からETCカードを抜き取り、お手元に下記2枚のカードをご用意ください。

✔ クレジットカード
✔ ETCカード


①「会員登録ボタン」から進む

ETCXホームページのTOP、その「会員登録」ボタンをクリックします。

ETCX_会員登録

参照:ETCX


②カードの種類を選択する

「ETCカード」なのか、「ETCコーポレートカード」なのかを選択。

だいたいの方は、「ETCカード」ですね。

ETCX_会員登録選択

参照:ETCX会員登録案内


あとは画面の指示に沿って登録していくだけです。



ETCXの使い方の注意点

ETCに使用している車載器とカードがそのまま使えますが、決定的に異なる点があります。

それは、「一旦停止」が必要なこと。

現に、国内5ヶ所の有料道路で利用が可能なのですが、高速道路と同じ感覚で通ることはできません。

これは、導入コストを抑えるため、システムを簡略化しているからと言われています。

ただ、有料道路以外のサービスを利用する際は必ず一時停止が伴うので、そこまで問題がない気もしますね。



2022年7月現在、使える場所は?

国内の下記6ヶ所となっています。

5つの有料道路、そして、1つのガソリンスタンドです。

ETCX_利用可能場所

参照:ETCX対応店舗・施設


まだまだ普及が進んでいませんが、対応店舗や施設が増えると、確実にETCXの登録者数増加を見込めます。

なので、早急にインフラ整備を期待したいですね。



まとめ

フジテレビ『人志松本の酒のツマミになる話』。

同番組内で、松本人志さんも「コインパーキングでETCが使えたらいいのに…」と仰ってました。

清算する時に雨に打たれたり、現金縛りだったりするので、一万円札しかないことに困ることもありません。

それがもう、すぐそこまで来ています。

ETCXで、より快適な暮らしを送りたいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる