【昔のドラえもんが面白い】今と違う初期設定5選!実は猫型でもない

国民的アニメ、ドラえもん。

「昔のドラえもんが、面白い」と言われる理由は、今とは少し絵面が違うからなんです。

そして、ドラえもんの設定自体が、現在とは異なるものが多いんです。

と、同時にちょっと笑えるものも多かったりして。

この記事では、そんな初期のドラえもんを特集しています。



目次

面白い昔のドラえもんの初期設定5選

まずは、ドラえもん本人の初期設定です。

たくさんのツッコミどころがあるのですが、私が衝撃を受けたものを順番にお届けしますね。

タケコプターなしで飛べる!

解説

のび太に化けて、おじさんに手紙を届けにいくセワシ君。
ドラえもんの背中に乗って向かう絵。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『ドラえもん登場!』

おわかりでしょうか?

ひみつ道具の「ひ」の文字すらありません。

もはや、ドラゴンボールの舞空術ですね。

初期のドラえもん。

とんでもない高スペックロボです。

猫型ロボットではなかった!

解説

『小学三年生』第2話に書かれたドラえもんの説明。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『愛妻ジャイ子⁉』

これはビックリ!

散々、タヌキとイジられてますが、犬の血も入ってたのですね。

いやむしろ、この書き方だと犬優位にも見えたりも…

四次元ポケットがデフォルトではないところにも注目です!

四足歩行する時もある!

解説

のび太のパパに傘を持っていくため、駆け出すドラえもん。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『ドラえもんあげる』

前述の通り、犬と猫のロボットだけあり…

今より野性味あふれるドラえもんです。

手足が肌色!

解説

いきなり机の引き出しから出てきて、自己紹介するセワシ君とドラえもん。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来から来たドラえもん』

この引用とあわせて、3回カラーで登場したドラえもん。

お気づきでしたでしょうか?

手足が肌色なんですね。

そして、しっぽの先は青色です。
(ちょっとボディがテカってて、機械感もありますね)

そう、今の設定は手足が白、しっぽは赤色です。

しっぽを引っ張ると消える!

解説

透明になり、かくし芸大会の会場に忍び込むドラえもん。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来から来たドラえもん』

便利すぎる設定ですね。

この機能があれば、『とうめいマント』が不要です。


でも、現在の設定はこう。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本14巻『ぐうたらの日』

しっぽを引っ張ると、電源がOFFになります。

…映画などで、敵からも襲われやすそうな気も。

明らかに前者の方がポテンシャルが高いですね!



タケコプターのネーミングが『ヘリトンボ』!

解説

「20世紀の町を見物したい」というセワシ君。
時短のためにタケコプターを使うことに。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来の国からはるばると』

今でこそ、耳馴染みのあるタケコプター。

藤子・F・不二雄先生の修正能力って本当にすごいですね。

きっと高速でPDCAを回していた。

そんな姿が想像できます。

ちなみ、ヘリトンボの付け方や使い方は自由なんですよ。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来の国からはるばると』

お尻に付けたり。
(このあと、ズボンが脱げてのび太は落ちます…)


引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来から来たドラえもん』

手に持ったり。

これはちょっと疲れそうですね。



タイムマシンが乗り物じゃない!

解説

マヌケなのび太が手に負えずに、22世紀のセワシ君の元に帰るドラえもん。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『愛妻ジャイ子⁉』

機械に乗らず、超空間を泳ぐドラえもん。

なんだか、乗り物タイプが当たり前になっていて、すごくシュールですね。



のび太のママが絶対に怒らない!

解説

『小学三年生』第2話に書かれたドラえもんの説明。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『机からとび出したドラえもん』

のび太のパパはまだしも…

ママの性格は、今と真逆ですね。



バイオリンが上手いしずかちゃん!

解説

かくし芸大会でバイオリンの腕前を披露するしずかちゃん。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本0巻『未来から来たドラえもん』

素敵な音色を奏でてますね。

みんなが笑顔になっていることから、その腕前は確かなようです。

ちなみに…

現在の設定がこちら。

引用元:てんとう虫コミックス ドラえもん 単行本33巻『鏡の中の世界』

…「ガギ~♬」。

ジャイアンの歌声でいうところの、「ボエ~♬」でしょうか。

直接的な表現は避けますが…

脂汗をかくのび太から、その腕前がわかりますね。



まとめ

今とはまったく違う初期設定をお届けしました。

昭和ライクなドラえもんの絵面に癒された方はいるはず。

中でも、ドラえもん自身の設定の違いが多くビックリですよね。

ロボットなのに、彼から伝わってくる親しみやすさ。

そして、初期の絵も味があって素敵ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる